2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローラーデビュー

今日は一発ローラーでも乗ったろーちゅーなんの根拠もなく勢いだけで乗ってみました。もちろん両足でこげる訳なく片足で。ロードは木っ端粉砕してるのでピストでの挑戦でした。
片足なんでまー100回踏んだらやすまなあかんやろなーちゅー気で(ギアもかかってるし)
乗ったんやけど意外と乗れるもんで30分乗りましたよ。足はオールアウトになりましたけど。
こんなんやったら目茶目茶体曲がりそうって感じですけど、そんときはまたどないかなるでしょー。。
たぶんね!!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

検診

今日は骨折っての1週間の検診。毎日毎日嫌いな牛乳を飲み、小魚ボリボリ、デザートにカルシウム、ビタミンD、マグネシウムのサプリメントをガリガリ食いまくった成果が出てるか、ワクワクしながら、「じゃーギブスはずしましょーか」という言葉をもしかしたら・・・・という甘い考えをしながら病院へ。
診察の順番が回ってきて先生に、「どう?」と聞かれ、よしきたといわんばかり、「歩いても全然骨に響かないですし、痛みのまったくないです」と、まったく治ったかのように軽々しく歩いてみたりして。ギブス外してくれアピール。ほなレントゲン撮ろかと。よしきた~~!!
ほんまに祈りましたね!!自分自身の体に。驚異的な回復しといてくれと。


まーそんなに甘くはないですね、現実は・・・・
写真を見ると、先週よりは割れはぼやけてて、内側の半分くらいはくっついてました。
さらに先生に外してくれEYEビームを送るが、だめでした。反対にこの骨は瞬間的に1トンを越える力がかかるから、完璧の元の状態に戻るのは1ヶ月半かかるとかビビらされカンカンカンのノックアウトでした。
しかし、気になるのやったら来週またおいでとのこと。
来週こそは絶対外させてみせる!!

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

マラソン

昨日テレビをつけると大阪国際マラソンがやっていて、ボーっと見てたのだが・・・・
すいません。チーム員は計測行ってるのに。
1人の選手がぶっちぎりで走ってるではありませんか。苦しそうやったけど僕はてっきり最後まで行ききると思って応援してたけど・・・最後は激タレして残念やった。
いったいマラソンのトップの選手ってどのくらいの心拍レベルで走ってるんやろ??とふと思いました。まさか2時間以上TTレベルって事ないし・・・でもあこまでフラフラってことはほぼハンガーノックなのかなー?まさか足がいっぱいって事はないやろーし。ってことは脂肪燃焼できるレベルよりも上で走ってるって事になるし。
自転車の場合2時間も強度上がりっぱなしって事はなかなかないしなー。100キロ個人TTくらいのレースになるよ。
そう考えるとマラソン選手が年に何本もレースを走らないのもわかる気がするよなー。
学生の時、年に一回チームロードがあってその距離が100キロ弱やってんけど、タイムもマラソンに近い2時間と確か一桁分やった思うけど。まさしくラスト15キロくらいから昨日の選手みたいやったもんなー。ゴールしたけど5分くらいペダルはずせんかったもんなー。
年1回やからあそこまで追い込めた気がする。あれが毎週あったら・・・・苦しさが恐ろしくて限界までいかれへんような気がする。
んー1回マラソン選手の心拍データーを見てみたいなー。

療養1

今日で療養4日め・・・・
医者から3週間はギブスと言われてるので・・・・・あと~17日かぁ~!!
毎日自分の中でカウントダウンしている毎日。
しかし、じっとしているのはチョー苦手なオレ。
結局ギブス巻いた日から毎日「道場」(ネックスジム)へ通ってるのであります。
まー軽く1~2時間ウエイトしてるのだが足が悪いと上半身にしても追い込めないのよねー。改めて足の重要さを感じています。ほんま車椅子でスポーツをやっている方はどうやってあそこまで上半身を鍛えてるのか不思議に思う。僕なんかベンチプレスをやってもどっかに力逃げていつもの半分くらいしか上がらない。仕方がないのでどの種目もかなり軽めのウエイトで回数で追い込むようにしてる。しかも追い込みきれないからセット数も増やして。まー時間はかかるるけどそのぶん運動時間は増えるからいいかなと思ってやっているのだが。
しかし、足はどうしてもできないねー。背筋と連動さしてケツとハムストには軽く刺激は入るが・・・この程度やったら維持するらできないなー。四頭筋はやろうとしたがまったくだめやったねー。四頭筋に力入れるとやっぱ皿が動いて痛いのよ。これはやばいと思ってすぐやめたね。骨がどっか違うとこに行ってしまいそうな感じ。こうなったら背筋の鬼になるしかないねー。
明日も道場へ通うオレでした。

怪我!!

広島から帰ってきた次の日、練習したい病が勃発。気持ちよく練習が終わり、家へ帰ってる途中、コンビニから出てきた車に真横から激突され、反対車線に跳ね飛ばされた。その時は逃げられてたまるかと飛び起きて車の助手席に飛び乗った。幸いそういう悪い人ではなかったのでその後の対応はよかった。ほっとしたのか突然足が動かない!!なぜ??事故処理が終わったらとっとと帰って飯を食べようと思ってたのに・・・
とりあえずそのコンビにで氷を嫁に買ってきてもらい冷やすことに。しかし、痛さが増してくる。
とりあえず警察の方に救急車乗れと説得され病院へ行くことに。その時はどうせ打撲やろと思っていた。早く家に帰って飯食わせろくらいだった・・・

しかし、病院についてレントゲンを撮ってみると、素人の僕が見てもわかった。骨が割れてる・・・・まさか・・・しかし、そのまさかやったのだ。膝の皿割れたというやつだ。

その日は救急やったので専門の先生がいなかったのでギブスはなしで自転車的に言うたら仮止めで終わり。先生に「泊まる?」と聞かれるがその時はとりあえず腹減ってて入院したら夜やったので飯はないと思い家に帰ることに。

しかし、それが失敗やった。こんな怪我は初めて。予期せぬ障害物がたくさんでてくる。
車への乗り降り、家へ帰ると階段。嫁が俺をかつげる訳ない・・・
仕方がないので実家で療養することに。しかし、不便だ。

しかし今まで10年間競技をしてきたのだが怪我という怪我はなかった。いつも健康が当たり前だと思っていた。しかし、よく考えればいつも危険と隣り合わせなのだ。練習の時も試合の時も。これまで10年間怪我なかったのが奇跡かもしれない。

とりあえずシーズン中やなくてよしとするしかない。同じ怪我をした人に聞くと2ヶ月で復帰できたと聞いたし。なんとかシーズンインには間に合う。
その人が2ヶ月なら俺は1ヶ月半で治してみせる。

とりあえずは治すのが先行。骨にええちゅーもんは何でも食ってくっつけるしかない。

タイトルなし

20080120173852
広島は雪国です!
無事帰れるか??

タイトルなし

20080119221252

タイトルなし

20080119205230

タイトルなし

20080119201739

メニュー

20080119201726
ちなみに今夜 のメニューはこちらです!

今日の晩御飯

20080119201305
今夜はエエとこで晩飯
広島のとある丘の上にあるベル〇〇〇と言うお店なのだ!
夜景も最高!広島市街地を下に見下ろしながらの食事!しかーし1つだけ足りないものがある!男だけのこのシチュエーション!うーつらいねー!!
全員がお店の店員に目が行くのであった!!

マレーシア第3ステージ

今日は175キロ。比較的平坦のスピードコースだった。
距離が長いため恐らくスプリントポイント1回目終わったくらいが逃げを決めるタイミングかなという感じ。
 レースはスタート。やはり逃げたい選手が積極的に動き出す。しかし、決まらないが明らかに昨日までとは選手の動きが鈍くなってきている。これは意外と決まるかも。自分で決めるつもりでチームメイトが動いたカウンターでアタック。うまく集団と間が開き何人か便乗してきた。恐らく15人弱。差は40秒弱。S1まで30キロほど。何とかそこまで行きたい。そこまで逃げ切ればポイント狙いのチームは諦める可能性がある。集団との追いかけっこが始まる。しかし、S1が近づくたびに前でもポイント狙いの色気出した選手が出てくる。スピードも鈍り差は20秒に。そして、S1の手前で捕まってしまった。
 S1が終わりそのカウンターでチームメイトが攻撃にでる。辻兄弟!それが決まり、松村もそれに合流。辻弟はタイミングが合わず後ろに残ってしまった。前には辻兄、松村。後ろの集団は動きが止まり、差はどんどん開く。しかし、3分30秒くらい拡がったくらいからコントロールが入る。そのままレースは進みラスト30キロ。まだ3分以上差はある。しかし。前も分裂してる。微妙な線になってきた。しかし、誰が遅れてるかわからない。しかし、ラスト20キロきったくらいで緑のジャージが見えてきた。ダメやったかー。作戦的に後は三船さんエースのスプリントに備えるしかない。僕、辻弟、の順で三船さんを誘導。うまくラスト1キロで3番手の並走の位置まで上きた。ラストコーナーでは2番手並走。しかし、コーナーの深さを読み違え少し失速してしまった。アウト側から3人に抜かれ6番手。しかしまだ500メートルある。いける。右側から上がっていく。そのときさらに右から白黒のジャージが見えたと思ったらいきなり僕の方へ突進してくる。意味わからん!わき腹の下にハンドルが入り絡まりそのまま体は地面へ・・・・
最悪!!

何台も自転車が僕の上を飛んでいく。絶対骨折れて立てないと思った。しかし、奇跡的に軽症。

明日も走れそうだ。

落車がなかったらどうなってたんかなー。今でも悔しい。

マレーシア第二ステージ

第二ステージは距離150キロ弱、標高差100メートルほどのアップダウンのコース。ほとんど平坦はなかった。

 やはりスタートから激しいアタック合戦。まだまだ総合の入れ替わりがあるからなかなか決まらないエンドレスの掛け合いが始まる。僕もまたチーム的にも絶対逃げをものにしてレースを先行したい。20秒ほど開くがどれも決まらない。僕も20秒ほどの逃げを決め、メンバーも13人で有力選手も2人ほど入っている。決まりそうと思いきや、途中ローテーションを飛ばす選手がいてペースが上がらず集団に吸収。

その後チームメイトも動くがやはり同じ状態だ。

そのままゴールへ。ゴール前3キロで2人抜け出しを狙って飛び出すのに飛びつき自分も抜け出しを図るが吸収。

最後は三船さんエースのゴール勝負へ。向川、辻、三船の順でゴール前へ進む。辻兄が逆サイドから前へ上がり先行し辻弟、三船がそれに飛びつき向川は三船の後ろへ回った。しかし、UCIのレース。相手も手ごわくチーム最高12位に終わった。

最後はいけると思ったのになかなかうまくいかない。やはり、自転車レースは確実に勝ちをものにするのは難しいのを実感した。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

帰国

ただいま!!10日あまりのマレーシア遠征から帰ってきました。しかし、寒いですなー。びっくり!!まさに身に染みる寒さ!マレーシアは30度から35度くらいで、毎日スコールが降るので湿度も梅雨ほどではないがありました。
 
今シーズン初レース。気合は入ってるもののやはり体がまだまだ万全ではないため動かない!しかも熱さに体が慣れてない為体温がうまくコントロールできないのかやたら動悸がする。初日は信号待ちで止まっていても110ほどだった。日本にいるときは60くらいだったので50拍ほど高いのだ。

そんな中、180キロほどの第1ステージが始まった。レースが始まると心拍がウンヌンカンヌンそんなことは気にしてられない。行くしかな!!いつも通り前半から動くが、今日は初日。そう簡単には行かせてくれない。激しく永い打ち合いが始まる。レースを走りたかった気持ちが爆発したのか夢中になってもがいていた為、知らぬ間に足はパコパコに。やばい!!まだレースは中盤なのに。しかもカテゴリー3と4の山岳へ。そんなにきつい勾配ではないのだが、自分には激坂だ。ここで離れたらマジで完走できない。必死に耐えるがその意志とは逆にジリジリ下がっていく。ついに集団の最後尾を飛び越えチームカーの車列の最後尾まで行ってしまった。ほんま終わったと思ったが危機一髪で集団に復帰できた。しかし、息もつく暇なく、逃げを決められていたので前で追走のローテーションに加わる。しかし、差がつまらない。そのまま最後まで行かれてしまい、レースはゴールへ。

今日はつらい一日だった。体的にも気持ち的にも。攻めに出るものの結局は後追いの展開。
第2ステージからは先行したい。

出発!

20080104103904
今日からマレーシアに遠征!!
マレーシアは初めてなのだがどんな国なんやろーかー!?
今年1発目のレース!気合いが入ります!
コンディションはベストというわけではないが今できる最高の走りをしてきたいと思ってます!
ほないってきまーす!

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いします!
今電車に揺られながら自宅へ帰ってるとこ!新年は群馬で迎えてきました!マトリックスは駅伝の計測も裏方でやっているのである!名前は表にでないけど!
普段遠征など出ていくのは慣れているので苦ではないのだが責任ある仕事なのでやっぱそれなりにハードなのだ!
明日から練習はスタート!マレーシアがあるからだ!全く正月って感じがしないぜ!ジットしてられない性格なのでこれくらいがちょーどええかなーってしとくかなー!!

«  | HOME |  »

プロフィール

向川 尚樹

Author:向川 尚樹
サイクルロードチーム:マトリックス パワータグ コラテックに所属。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。